「篠旗揚げプロジェクト」とは、足利高氏(尊氏)旗揚げの地、京都亀岡篠村八幡宮の勝機・厄よけパワーにあやかり、地元を元気にしようと立ち上げたプロジェクトです。

京都丹波、亀岡篠の里を守ってきた篠村八幡宮。
その昔天下を取った時の将軍、「足利高氏旗揚げの地」
として知られています。
篠八幡商工繁栄会では、『勝機開運・厄よけ』の
パワーにあやかって篠ならではの商品を開発し、
この篠の地を広く皆様に紹介したいと
「SHINO旗揚げプロジェクト」を
立ち上げました。
篠八幡商工繁栄会


■2014年夏 特集取材『白楊取扱い店舗紹介』■

【京料理 松正(まつしょう)】http://matsusyo.jp
亀岡市篠町篠上北裏91-1  TEL:0771-24-0567

唎酒師・焼酎アドバイザー・そして和食店には珍しいソムリエの資格を持つご主人の小笹さん。
「銘柄を指定されずに日本酒をご注文される方には『白楊』をお出ししています。評判はいいですよ。飲みやすく、どんなお料理にも良く合う味です 。」
トロッコに乗られる観光客のお客様も多いとのこと、是非一度京料理&白楊をこちらのお店で味わってみて下さい。
(※販売は致しておりません。ご購入は下記2店舗にて)

【井内商店】
TEL:0771-22-0754
安詳小学校の校門を出てすぐの井内商店さん。昔懐かしい駄菓子もあり、近所のチビッコ達に人気のお店です。
「地元のお酒をお土産に」とお買い求め頂くお客様もあるそうです。

【隅田酒店 】
TEL:0771-22-0116
篠村八幡宮の鳥居の隣にある隅田酒店さん。地元を愛する店主の恵子さんは、「贈答用の箱も用意してお待ちしております。昔からのお客様が多いですが、観光客の方々にも白楊を是非飲んでいただきたいです!」とのことでした。


★★★『SHINOブランド』開発商品
        第二号完成しました!!★
★★

【厄よけ祈願】
『薬神漬(やくじんづけ)』
聖護院かぶらの産地である篠村八幡宮の祭事
「疫神祭」にちなんで名づけました。
千枚漬けをベースに、本漬け調味料に
漢方生薬「ウコン」を加えることにより、
自然な着色ができ、また保存料等なしで
保存性を高めています。
冷蔵保存にて数ヶ月間ご賞味いただくことができます。

ウコン入りで鮮やかな淡黄色
白いご飯のおともに!
お酒のおつまみに!

やくじんづけができるまで物語

しろやなぎ画像白楊(しろやなぎ)販売開始!

★★★ついに完成!★★★
「SHINOブランド」開発企画プロジェクト
地元オリジナル日本酒が4/29発売!
篠村八幡宮の「旗立楊」にあやかり、
【勝機・開運】生酛本醸造
『白楊(しろやなぎ)』
720ml 1,400円(税込)箱入り1,500円(税込)

【製造・販売】大石酒造
〒621-0033 亀岡市ひえ田野町佐伯垣内亦13
TEL 0771-22-0632  
大石酒造通販サイトはこちら 
【販売店】
井内商店 0771-22-0754
隅田酒店 0771-22-0116
【提供飲食店】松正(まつしょう)
〒621-0826 亀岡市篠町篠上北裏91-1
TEL 0771-24-0567

しろやなぎ名前の由来
★発売記念 試飲モニター募集中!30名限定!   ★モニター応募は終了致しました。御礼申し上げます。
お送りした商品(無料)を試飲していただき、感想をお願い致します。モニターご希望の方は、お名前・ご住所・電話番号・年齢をご記入の上、メールにてお申し込み下さい。こちらから>> 
■件名は「モニター希望」とお書きください。
締め切り5/15(水):抽選の上、発送をもって当選発表にかえさせていただきます。
※個人情報については上記用途以外には使用致しません。
※携帯からメールを送信される方は、パソコンからのメールを受信できる設定にして下さい。

市民新聞記事
★亀岡市民新聞(5/17)に
    掲載されました!




京都新聞記事
★京都新聞(4/30)に掲載されました!

高氏が挙兵したと言われる4月29日。
4月の空の下、新芽を出した「旗立楊」は
爽やかな風に揺れていました。

篠村八幡宮に商工繁栄会会員一同集まり、
あらたまった気持ちで奉納に臨みました。
「白楊」を手にした方々に開運が授かりますように。
いよいよ発売開始です!
篠ブランドができるまで物語
 2013.4.20 篠八幡商工繁栄会総会 「白楊 4月29日 発売決定!!」

総会本日の総会にて。
「白楊 4月29日 発売決定!!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ご祈祷 同日 午前10時より 篠八幡宮にて

■記者会見 同日 午前11時より 篠八幡宮にて
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
上記決定となりました。
いよいよ発売です!




 2013.3.21 「白楊」予約受付開始!

予約受付中★「白楊」いよいよ4月上旬発売開始予定となりました!
只今先行予約受付中!

キリッとした辛口、勝機開運のお酒「白楊(しろやなぎ)」は
よ〜く冷やして冷酒でお召し上がり下さい。
白身のお造り等と良く合います!

■お申し込み方法
件名:「白楊予約申込み」
本文にお名前・ご住所・連絡先をご記入の上、
下記アドレスにメールにて送信ください。
order@hataage.com


 2013.3.11 「白楊」ラベルデザイン打ち合わせ

ラベルデザイン打ち合わせ風景今日は印刷会社の担当者も含めて、手書きで出来上がった書をラベルにするデザイン企画会議。
「やっぱり断然白地ですよ!書が生きるのは白です。」
テストのボトルにあててみて、イメージを。

うんうん、やっぱり白ですね!
大きさは。
紙質は。
上のキャップにもシールを貼りましょうか。
なるほど、そういう風にするとグッとしまりますね〜。
工場長や印刷会社の方の意見も聞きながら、
こうしてまたひとつ完成へ近づきます!
楽しみです!
もうすぐ予約受付開始致します!



 2013.3.4 「薬神漬」の進行状況報告です。

薬神漬の様子左上の写真は下漬けの様子です。
その横のざるに上げたものは本漬けのために樽から取り出して余分な水分を切っているところです。
そして、少し色がついていたり、昆布が乗っているものは 本漬けの途中のものです。
黄色く見えるものは 漢方薬のウコンのエキスをたれに混ぜて本漬けにしたところです。
昆布が乗っていて色のうすいものはクコシのエキスを加えたものですが直後なので、まだほとんど着色していません。
このようにして本漬けしてから4~5日で食べられるようになります。
薬神漬は漢方薬の効果により、通常の千枚漬けより保存性は高くなります。冬季であれば、保存料は一切入っていないのに、そのままで黒ずむことなく、かなり長期間の保存が可能です。



 2013.2.22 「白楊」ロゴ完成!&大石酒造打ち合わせ

白楊ロゴ「白楊(しろやなぎ)」の書が
出来上がりました!
いい出来です!!!
これをラベルにデザインして、
また一歩プロジェクトが前進します。

今日は大石酒造の工場長をお訪ねして、
ラベルデザインや味について打ち合わせ。

「おお〜、いい書ですね!」とお誉めいただき、
これにアクセントを効かせて。。
紙の種類は。。。キャップの色は。。。
など、ボトルについての仕様が決まっていきます。

そして肝心の味、『冷やでのむ辛口』に決定!
イメージに近い味のお酒を試飲させていただき、
全員一致で『これ、うまい〜!』
左はその様子です。決して飲み屋のオヤジ達ではありません(^^;

 2013.1.19 理事会開催 ついに商品ネーミング決定!

ネーミング決定

新しい年も明け、最初の理事会が開かれました。
ついに。。。SHINOブランドプロジェクト商品のネーミング決定!!

Project No.001 ◆地元オリジナル日本酒  勝機・開運酒『白楊(しろやなぎ)』
白=文字通り白星!勝利の意味を込めて。
楊=篠村八幡宮にある「旗立て楊(やなぎ)」からとりました。

Project No.002 ◆地元特産野菜を使ったお漬け物 『薬神漬け(やくじんづけ)』
身体に良いもの(漢方)を使用して漬け込み、着色も自然素材で発色させます。
境内にある「厄神社(やくじんじゃ)」は厄よけ祈願の珍しいお社です。そこからネーミングしました。

 2012.12.30 お漬け物試作&試食
工場見学の様子 暮れも押し詰まってきましたが、お漬け物の試作第一弾が完成!
すぐに試食会をしました。
「うーん。もうひとつパンチがあれば。。。」
「何か足してみたら。。。」
など、まだまだ研究、改良の余地あり。
次の段階を目指してGO!
 2012.12.13 大石酒造酒蔵見学&打ち合わせ
工場見学の様子 八木にある大石酒造酒蔵を訪ねました。工場長から醸造過程の説明を受け、ラベルやボトルの形、内容量などの確認をします。
冬場の仕事ということで、酒蔵の中は足下から冷え込みますが、杜氏の方々は黙々と作業を続けています。

今でこそ温度計で測ることができますが、昔の人は熟練の感覚でお酒を仕込んでいったのですね。その年々の気候や環境でお酒の味が変わるのもうなずけました。

大きな樽を開けると何ともいえない日本酒のいい香り。
「車で来るんじゃなかったな。。。」というS氏のつぶやき。

事務所に戻って、内容量の決定(何mlが一番売れるかなど)、ラベルの仕様、ボトルの色などについて話し合います。
「SHINOブランド」商品開発がまた一歩現実に近づいていきます。
 2012.12.04 企画会議 プロジェクトが立ち上がるまで 〜商品ネーミング!
ひらめいた!商店街の起源とも言うべき由緒ある「篠村八幡宮」の知名度を活用した特産品開発で、地域の活性化に貢献したい!そんな思いを抱いたメンバーが結集して立ち上げたプロジェクトです。
何度か会議を重ね、少しずつ全貌が見えてきました。今日はお酒とお漬け物のネーミング会議。
一番要となる重要な決定事項です。あーでもない、こうでもないと色々と議論を重ねに重ねてついに決定!!!
後日発表致します。乞うご期待!(^^)